ALSになると最初にどんな症状があらわれる?

運動ニューロンは脊髄にあって、 手、足、舌、のど、呼吸を司る全身の随意筋を支配しています。 どの運動ニューロンが侵され、どの筋肉が弱くなるかによって、 最初にあらわれる症状は大きく2つのタイプに分かれます。

1.手や指、足の筋肉が弱くなりやせ細る

ALSの患者さんのうち、約4分の3の人が手足の動きに異常を感じて病院を訪れます。 最初は、箸が持ちにくい、 重いものを持てない、手や足が上がらない、走りにくい、疲れやすい、手足の腫れ、筋肉のピクツキ、 筋肉の痛みやつっぱりなどの自覚症状を感じます。これはALSに特徴的な症状の一つで、 手足の麻痺による運動障害の初期の症状です。このような症状がみられるとともに、手や足の筋肉がやせ細ってきます。

2.話しにくくなったり食べ物を飲み込みにくくなる(球麻痺)

コミュニケーション障害

舌の動きが思いどおりにならず、ことばが不明瞭になり、とくにラリルレロ、パピプペポの発音がしにくくなります。

嚥下障害

舌やのどの筋肉が弱くなるために、食べ物や唾液(つば)を飲み込みにくくなり、むせることが多くなります。

ALSの症状があらわれるのは、50代から70代前半の年齢層に多いといわれています。 中でも一番多いのは65〜69歳で、この傾向は欧米諸国でも変わりません。 男性も女性もこの病気にかかりますが、男女比はおよそ1.5:1の割合で男性に多く発症するといわれています。 肉体を使う職業の人から、からだをあまり使わない職業の人や主婦まで、生活環境とは無関係に同じように発生します。

ALSの症状が進むと

ALSが進行すると、手足の麻痺による運動障害、コミュニケーション障害、 嚥下障害の3つの症状に、 呼吸障害が加わり、4つの症状がすべてあらわれるようになります。

全身の筋力が弱くなる

運動、コミュニケーション、嚥下、呼吸の4つの障害のうち、最初にあらわれる症状は人によって異なりますが、 最初の症状がどれであっても、症状が進むとともに、これら4つの症状がすべてあらわれるようになります。 患者さんによって病気の進行の速さは違いますが、運動障害が最初にあらわれる患者さんの場合、 次第に手足がやせていき、歩いたり動いたりすることが困難になります。さらに症状が進むと、 食べ物を飲み込むこと、ことばを発することが困難になります。顔の筋肉の力が弱くなってくると、 よだれが出たりします。食べ物を飲み込みにくくなったら、チューブを通して栄養をとる場合もあります。 次第に全身の筋肉の力が弱くなり、自力では起き上がれなくなります。 しかし、意識や五感は最後まで正常で、知能の働きも変わりません。

呼吸障害

夜間十分眠った気がしない、頭が重いなどの症状が出るのは、呼吸を行う筋肉が衰えている呼吸障害の初期の症状です。 より症状が進むと、仰向けで寝られなくなり、横を向くか、頭を高くしないと眠れなくなります。 さらに呼吸筋が弱くなって呼吸困難を生じたら、人工呼吸器の助けを借りなければ呼吸ができなくなります。